メタモルフォーゼ!!!

運動・マインドフルネス・鉄分・音読でADHDはよくなる。

NHK ストレスから脳を守れ 1 運動 / 走り書き

都市に住む人ほど扁桃体(恐怖や不安を感じるところ)が過敏

 

生活の変化があると遍桃体が活性化。

 喜ばしい事(結婚 昇進 引っ越し)でもお環境の変化につながることであればストレス反応が起こる。

生活パターンが変わることによりストレスはかかる。
それは良いもの(昇給アップ)も悪いもの(左遷)も。

 

アメリカ心理学会がオススメのストレス対策5つ
 1 ストレスの原因を避ける
 2 笑う
 3 サポートを得る
 4 運動→自律神経の興奮が収まる


 運動は脳の構造を変える。
 ↓
運動をすると延髄(恐怖や不安を感じ取る扁桃体と自律神経をつなぐ場所にある)で神経細胞が劇的変化

運動しないと延髄の神経の突起が増える。→過剰に情報を伝える。

延髄の神経の突起が少なくなると→扁桃体がストレスに反応しても自律神経に伝わりにくくなる。

副腎皮質に伝わりにくく、ストレスホルモンが出にくくなる。

 

運動の内容は

1回30分 週3回 息が少し上がる程度 会話はできる程度

 

5 マインドフルネス meditate 瞑想ベースのプログラム