読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタモルフォーゼ!!!

マインドフルネスやってる

祖母の入院

凹むぜ!!

そんな中、お見舞いに行きつつも祖母が寝ている時は暇なので本を読んでいる。

梶井基次郎は、短編だから助かる。

 

KindleをマイiPhoneにダウンロードしてるんだけど、本を読み進めることが非常に困難。

 

同じところを何度も繰り返し読んでしまう。

脳が疲れてるんだろうなとは思うんだけど、こんなにしょっちゅう疲れていたのでは、ほぼほぼ生きていくのが出来なくないか?て思うのよね。

 

人の話を聞く集中力なんて殆どない。

 

以前テレビで紹介されていた本で、トカトントンというのがある。

で、それにチャレンジしてるんだけど、ほんと読み進められない。

なんなのこれ。

 

こんなとき活躍するのが想像力。

本を読みつつ、映画を見ているように映像をリアルに想像する。

これ、単純に想像力鍛えられる。

 

でも、今回は本の挿絵でも書こうかなって。

視覚化したほうが楽だと思う。